全肉連が大阪で国産食肉新需要創出のモニタリングセミナー

 全国食肉事業協同組合連合会(河原光雄会長)は9月28日、大阪市北区のANAクラウンプラザホテル大阪で「国産食肉新需要創出のためのモニタリングセミナー」を開催。公益社団法人全日本司厨士協会大阪府本部加盟のシェフ、食肉業界関係者、行政関係者など約40人が参加した。
 セミナーでは国産牛肉の魅力発見のための試食会として、黒毛和牛のロース、モモのし好モニタリング調査を実施したほか、農林水産省食料農業農村政策審議会の委員、フード・アクション・ニッポンアンバサダーを務めるフードジャーナリストの里井真由美氏が「食肉トレンドの動向について」、神戸大学の上田修司助教が「平成28年度モニタリング調査結果および平成29年度の取り組みについて」のテーマでそれぞれ講演を行った。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする