食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

食品の長期保存

和牛肥育期間で食べ比べ、全肉連が新需要モニタリングセミナー

 全国食肉事業協同組合連合会(河原光雄会長)は6日、東京・港区のグランドニッコー東京台場で、平成29年度国産食肉等新需要創出緊急対策事業による「国産食肉新需要創出のためのモニタリング調査セミナー」を開催した。健康志向の高まりや赤身肉し好への変化など、従来の指標で消費者の国産食肉に対する情報を正確に捉えることがむずかしくなりつつあり、事業では国産食肉に対する消費者のし好変化の動向を捉え、国産食肉の新需要の創出を図ることを目的に、(1)全国の食肉の専門家の国産牛肉に対するし好性を把握するためのモニタリング調査(2)メタボローム解析を用いた科学的な検証—を進めている。
 セミナーでは、黒毛和牛の脂肪交雑以外の新たな肉質品質基準を検証するため、東京および大阪の司厨士協会を中心とした料理人を対象に、黒毛和牛の各部位(ロース、モモ)のし好モニタリング調査を実施。9月下旬の大阪での開催(既報)に続いて行われたもので、東京では全日本司厨士協会加盟のシェフ、食肉業界関係者など32人が参加した。

◆行政・統計

江藤農相、CSFに変更「消費者に不要な不安を招かない措置」

江藤農相、CSFに変更「消費者に不要な不安を招かない措置」

 江藤農相は12日の閣議後会見で豚コレラとアフリカ豚コレラの名称の変更について「現在用いている豚コレラやアフリカ豚コレラという名称には、ヒトの疫病であるコレラを連想させるという意見がある。米国でも、今、「豚コレラ」という名称は使っていない。...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top