滋賀県事業組・近江牛流通推進協とカゴメが「近江赤ハヤシ」開発

 滋賀県食肉事業協同組合(岡山光雄理事長)と「近江牛」生産流通推進協議会(前川清会長)は、このほどカゴメ大阪支店と連携し、近江牛と近江米、滋賀県産かぶの漬物を使ったハヤシライス「近江赤ハヤシ」を開発。10日に大津市の滋賀県公館で知事に表敬訪問し、取組概要の紹介を行った。「近江赤ハヤシ」は、カゴメ大阪支店が企業の特色を生かして地域の活性化を図るため、自社製品と県産食材を使った社内プロジェクトの一つ。近江赤ハヤシの定義は「近江牛」と近江米、滋賀県産かぶの漬物とカゴメのトマトソースを使うものとしており、事業協と推進協は「近江牛」の調達・販売の部分を担う。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする