食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

食品の長期保存

ブラジルの16/17年度大豆・とうもろこし生産予測は「記録的増産」

 ブラジル国家食糧供給公社(CONAB)はこのほど、2016/17年度(10月〜翌9月)第12回目(最終回)となる主要穀物の生産状況等調査結果を公表した。この調査は、春植えの夏期作物(大豆、第1期作とうもろこしなど)と、秋植えの冬期作物(第2期作とうもろこし、小麦、大麦、ライ麦など)の生産予測を毎月公表するもの。これによると、主要穀物の作付面積は前年度をやや上回り、生産量はエルニーニョ現象による干ばつ被害で不作であった前年度を大幅に上回ると見込まれている。とうもろこしの生産量は、前年度の干ばつによる需給ひっ迫を受けて作付面積が増加した上、単収も増加したことから、前年度比46.9%増の9,771万tと予測されている。また、大豆も、単収の回復などにより、前回同様初めて1億トンを超える予測となっている。

◆行政・統計

江藤農相、CSFに変更「消費者に不要な不安を招かない措置」

江藤農相、CSFに変更「消費者に不要な不安を招かない措置」

 江藤農相は12日の閣議後会見で豚コレラとアフリカ豚コレラの名称の変更について「現在用いている豚コレラやアフリカ豚コレラという名称には、ヒトの疫病であるコレラを連想させるという意見がある。米国でも、今、「豚コレラ」という名称は使っていない。...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top