日本ハムが「ローストサラダチキン ハーブ」を新発売

 日本ハムは20日に「ローストサラダチキン ハーブ」を新発売する。ことし2月に発売した「ローストサラダチキン プレーン味」は発売以来、同社のサラダチキンカテゴリーをけん引する商品として好調に推移している。「小分けになっていて使い勝手が良い」「肉のパサつきがなくおいしい」「糖質0が嬉しい」など購買者からの評価も高い。
 そこで「ローストサラダチキン」の姉妹品として、今回「ローストサラダチキン ハーブ」を発売する。商品特長は3つの小分けパック(55g×3パック)で使いやすく、そのまま食べることも、サラダ・パスタ・サンドイッチといろいろなメニューで楽しむこともできる。ハーブはローズマリー、バジル、オレガノ、ローリエ、タイムなど5種類を使用。糖質0で仕上げており、食感は軟らかく食べやすい。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする