新加工品原料原産地表示、ハムソー企業まだなし、栄養表示義務も

 新たな加工食品の原料原産地表示制度を定めた食品表示基準の一部を改正する内閣府令がことし9月に施行され、原材料の産地表示がすべての加工食品に拡大されたが、ハムソー関連企業で新たな表示に取り組んでいるところはほとんどないようだ。まだ取り組まない理由には、平成34年3月31日までが食品メーカーなどが準備をするための猶予期間されていることや例外規定など中身がむずかしい面があるため仕組みを精査していることがあげられる。なにより新たな表示方法を認める要件に「製造年からさかのぼって3年以内の中で1年以上の実績」とあることも理由にあげられる。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする