TPPが米国を除いて大筋合意、農業関係で修正なしか

 TPP閣僚会合が9日、ベトナムのダナンで開かれ、米国を除いて協定を発効させることで大筋合意した。農業関係で修正はないとみられるものの、米国を除いた形となるため、今後の食肉をめぐる状況に影響の可能性がある。
 TPP11カ国は豪州、ブルネイ、カナダ、チリ、日本、マレーシア、メキシコ、ニュージーランド(NZ)、ペルー、シンガポール、ベトナム。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする