洗浄の効率化・省人化実現へ、(株)クレオが洗浄機導入を提案

 洗浄機のトップメーカー・クレオ(本社・東京都中央区)では、ミートワゴンやスモーク台など、食肉に関連するさまざまな洗浄機の導入を提案。導入によりムラのない洗浄を可能にし、効率化・省人化を実現する。
 洗浄については、「労力や手間(人員・工数)がかかり汚れ落ちにムラがある」「ワゴンが大きいために洗浄が大変」「使用水量が多い」などの悩みを抱えるユーザーも多い。同社ではこうした悩みに対し、専用の自動ワゴン洗浄機の使用を提案。セットしてスイッチを入れるだけで簡単に洗浄することができ、洗浄効率が向上する。また、閉鎖された洗浄機内で洗浄するので、高温、アルカリ洗浄が可能だ。洗浄性が改善し、ワゴンの外面も洗浄できる。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み