自民畜産・酪農対策委員会、14日に畜産物価格の決定目ざす

 自民党の畜産・酪農対策委員会(赤沢亮正委員長、衆議院議員・鳥取2区)が6日、党内で開かれ、平成30年度畜産物価格について議論された。
 冒頭、赤沢委員長は「畜産物価格については例年、予算編成に合わせて決定している。平成30年度の畜産物価格の決定に向けて、本日を皮切りに議論をさせていただき、今週末には、北海道、南九州などを視察し、14日には決定し報告できるよう進めていきたい」と述べ、「今回の価格の議論の中でも私なりに現場をみて感じることがあり、課題などについて先生方とよく議論をさせていただき、よい結果を得たいと考えている」と語った。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする