平成30年度農林関係予算編成大綱案を了承—自民農林合同会議

 7日に開かれた自民党の農林部会合同会議で平成30年度農林関係予算編成大綱案が了承された。畜産については畜産・酪農の競争力を強化するため、収益性の向上、国内飼料生産・利用の拡大などを推進し、生産基盤を強化するとともに、畜産・酪農経営安定対策を推進するとしている。
 総論としては、農林水産業者の所得向上、農業者が自由に経営展開できる環境を整備し、農業者の努力では解決できない構造的な問題を解決していく必要があるとした上で、平成30年度予算では「農林水産業・地域の活力創造プラン」に基づき、主要施策などを展開するのに必要となる十分な予算を確保する。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み