農林水産業・地域の活力創造プランの改定案を提示

 自民党の農林水産業・地域の活力創造本部が7日、党内で開かれ、農林水産業・地域の活力創造プランの改定案が提示された。改定案では日本食品海外プロモーションセンターや卸売市場を含めた食品流通構造の改革などが追加された。
 日本食品海外プロモーションセンターについては、輸出促進の項目で、同センターの取り組みにより、農林水産物・食品の輸出促進のためのブランディングやプロモーションなどを強化するとしている。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み