食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

食品の長期保存

30年度安定上位価格は牛肉40円上げ、豚肉は据え置き

 農水省は15日、第2回畜産部会を開き、30年度畜産物価格案を諮問し、出席した審議会委員の賛成多数で諮問案を了承した。30年度は指定食肉の安定価格の牛肉が上げとなるとともに、肉用子牛の保証基準価格および合理化目標価格はすべてで上げとなった。その一方で豚肉が据え置きとなり、。肉用牛繁殖経営支援事業は全畜種の発動基準価格が据え置きとなった。答申を受け、農相が畜産物価格を決定する。

◆行政・統計

平成30年度肉用牛生産費、子牛や肥育牛などで増加

平成30年度肉用牛生産費、子牛や肥育牛などで増加

 農水省は6日、平成30年度肉用牛生産費および肥育豚生産費を公表した。 肉用牛1頭あたり資本利子・地代全額算入生産費(以下「生産費」)は、子牛、去勢若齢肥育牛、肥育牛、交雑種肥育牛で増加し、交雑種育成牛で減少した。 子牛生産費については65...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

全肉連がHACCP指導者育成セミナー、全農MF・菊池氏が講演

全肉連がHACCP指導者育成セミナー、全農MF・菊池氏が講演

 全国食肉事業協同組合連合会(河原光雄会長)は、平成31年度食肉流通HACCPシステム普及推進事業による「HACCP指導者育成セミナー」を4日、東京・港区のTKP品川カンファレンスセンターで開催した。当日は、全国の各道府県肉連の担当者が参集...
More

◆製品

More
Return Top