食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

工場の効率化

日本食鳥協会が国産チキンを活用した給食献立の調理講習会を開催

 日本食鳥協会(佐藤実会長)は22日、大阪市中央区の大阪ガスクッキングスクールスクール淀屋橋で「国産鶏肉を用いた給食献立調理講習会」を開催し、給食事業従事者らなど関係者約25人が参加した。協会では国産系肉を活用した給食利用促進事業(産業給食)で、国産鶏肉の栄養面や高機能食品としての優位性を活かした高齢者向け給食料理献立の改善・開発に取り組んだ。この給食献立の普及促進のため、給食提供業者、医療機関および介護施設関係者、栄養士、企業の加工品開発部門など給食調理関係者らを対象として開催されたもの。大阪会場を皮切りに3月2日までの期間で東京、名古屋、福岡の全4会場で開催を予定している。

◆行政・統計

10月牛肉輸出は369tで前年比16.8%増、単価6,993円

10月牛肉輸出は369tで前年比16.8%増、単価6,993円

 財務省貿易統計による10月国産牛肉輸出量は36万9,276kg(前年同月比16.8%増)と、前年同月から大きく増加した。前月比では約20tの減少。輸出先国は合計29カ国.地域で、国別にみるとカンボジアが最も多く、合計11万1942kg。次...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

全肉連がHACCP指導者育成セミナー、全農MF・菊池氏が講演

全肉連がHACCP指導者育成セミナー、全農MF・菊池氏が講演

 全国食肉事業協同組合連合会(河原光雄会長)は、平成31年度食肉流通HACCPシステム普及推進事業による「HACCP指導者育成セミナー」を4日、東京・港区のTKP品川カンファレンスセンターで開催した。当日は、全国の各道府県肉連の担当者が参集...
More

◆製品

More
Return Top