自民農林合同会議、平成29年度食料・農業・農村白書など議論


 自民党の農林部会などの合同会議が13日党内で開かれ、平成29年度「食料・農業・農村白書」と通常国会農林水産省提出予定法案について議論された。
 今回の白書は平成29年度食料・農業・農村の動向に関する動向編と平成30年度食料・農業・農村施策に関する施策編の大きく二つに分け、特集として次世代を担う若手農業者の姿を掲載する。今後の予定は3月以降の同部会で骨子、概要、本文それぞれ案を議論。5月ごろに閣議決定のスケジュールで進める。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み