東京食肉組合が2月9日「すき焼きの日」に国産牛肉廉価販売


 東京都食肉事業協同組合(佐藤恭脩理事長)では、ことしも2月9日(ニクの日)を「すき焼きの日」として、組合加盟店で国産牛肉を廉価で販売する。「すき焼きの日」当日および数日前に廉価で販売することで、牛肉の購買促進とイベントの浸透を図る。イベント用に各店舗2枚ずつ販促用ポスターも配布している。ポスターのキャッチフレーズは「グツグツと肉と気分が踊り出す」。厳しい寒さが続く中、国産牛肉を使用した温かいすき焼きを家族で楽しんでもらいたいという願いが込められている。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み