食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

食品の長期保存

MLAがプロジェクションセミナー、最新の豪州産食肉予測など


 MLA豪州食肉家畜生産者事業団は14日、大阪に続き千葉・美浜区のホテルニューオータニ幕張で「2018年MLAプロジェクションセミナー」を開催。関係者約300人が参集した。
 セミナーでは、アンドリュー・コックス駐日代表(写真)が最新の豪州産牛肉・羊肉の産業予測をはじめ、日本でのプロモーション活動を紹介。豪州産牛肉において、日本市場は最大かついまなお成長していること、オーストラリアの生産状況は回復傾向であること、2018年は輸出が3%成長し、今後5年で20%の成長が見込めることなどを説明した。

◆行政・統計

江藤農相、CSFに変更「消費者に不要な不安を招かない措置」

江藤農相、CSFに変更「消費者に不要な不安を招かない措置」

 江藤農相は12日の閣議後会見で豚コレラとアフリカ豚コレラの名称の変更について「現在用いている豚コレラやアフリカ豚コレラという名称には、ヒトの疫病であるコレラを連想させるという意見がある。米国でも、今、「豚コレラ」という名称は使っていない。...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top