MLAがプロジェクションセミナー、最新の豪州産食肉予測など


 MLA豪州食肉家畜生産者事業団は14日、大阪に続き千葉・美浜区のホテルニューオータニ幕張で「2018年MLAプロジェクションセミナー」を開催。関係者約300人が参集した。
 セミナーでは、アンドリュー・コックス駐日代表(写真)が最新の豪州産牛肉・羊肉の産業予測をはじめ、日本でのプロモーション活動を紹介。豪州産牛肉において、日本市場は最大かついまなお成長していること、オーストラリアの生産状況は回復傾向であること、2018年は輸出が3%成長し、今後5年で20%の成長が見込めることなどを説明した。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み