卸売価格、牛肉は軒並み低下、豚は高値に—29年流通統計(下)


 平成29年の牛の枝肉価格については、全国の建値となる東京食肉市場の卸売価格をみると、29年総加重平均卸売価格は和牛去勢A5が2,841円(36円安)、同A4は2,485円(143円安)、同A3は2,189円(269円安)と軒並み低下。近年は出荷頭数の減少から毎年上昇が続き、限界を超えた高値となっていたが一転し、ようやく落ち着いてきた。ただ、出荷増によるものではなく、高値続きで和牛を中心に需要が縮小していることが大きい。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み