CPTPPに対するカナダ畜産業界の反応—ALIC


 包括的および先進的な環太平洋パートナーシップ協定(CPTPP)は1月23日、参加予定の11カ国による首席交渉官会合の末、署名式を3月8日に開催することが合意された。このことに対し、カナダの畜産業界からは部門により異なる反応が示されている。輸出に意欲的な牛肉部門と豚肉部門は歓迎の旨を示し、とくに対日輸出量が増加する可能性を強調している。一方、供給管理制度の下で国内生産者が保護されている酪農部門や家禽部門は懸念を示している。各業界の全国団体が発出した声明の要旨は、以下の通り(食肉速報に掲載)

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み