米国の18年牛肉産業における重点課題〜第121回肉牛産業会議から


 1月31日から2月2日にかけて米国アリゾナ州フェニックスで第121回肉牛産業会議が開催された。同会議は、全国肉牛生産者・牛肉協会(NCBA)、ビーフチェックオフ、キャトルファックスなど複数の肉牛関係団体の共催により、毎年1月末から2月上旬に開催される。同会議では、毎年、肉牛と牛肉をめぐる政策動向や毎年の重点課題を報告する分科会が開催されており、18年は次の5分野が重点課題とされた(食肉速報に掲載)

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み