市場協幹部研修会、軽減税率や卸売市場法の改正テーマに講演


 公益社団法人日本食肉市場卸売協会(杉本正会長)は21日、第39回「幹部職員業務研修会」を東京・千代田区のホテルジュラクで開催。39回目となる今回の研修会では「軽減税率制度への対応」(国税庁東京国税局課税第二部消費税課軽減税率係の野間裕介国税実査官、財務省主税局税制第二課の加藤博之課長補佐)、「卸売市場法の改正内容」(農水省食料産業局食品流通課の武田裕紀卸売市場室長)、「食肉消費をめぐる事情」(公益財団法人日本食肉消費総合センターの桶谷良至調査研究部長)の幅広いテーマの講演が行われた。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み