常陸牛振興協会が3月に大型キャンペーン実施、消費拡大目ざす


 茨城県常陸牛振興協会(茨城県、JA全農茨城、県畜産協会、県畜連、県家畜商組合、県食肉事業協同組合、県食肉公社)は26日、「常陸牛の日」キャンペーン実施の記者会見を茨城県庁で開いた。
 同会見は茨城県知事をはじめ、常陸牛振興協会の構成員、常陸牛指定生産者らが出席。冒頭、川津修会長(全農茨城県本部長)は「常陸牛振興協会は昭和52年に設立され、直近では年間1万頭に迫る勢いでその道を歩んできた。今後一層、県内および全国の消費者への知名度を上げていくため、振興協会が設立された3月5日を『常陸牛の日』として登録、ことしで2年目を迎える。今後はあらゆる方法を使って普及に努め、『常陸牛の日』を含む3月を常陸牛周知強化月間とし、五つのキャンペーンを展開していく。一つは国会議事堂本館食堂、衆参議員会館食堂での常陸牛メニューの提供。常陸牛を使ったハンバーグ定食、カレー、牛丼などを販売し、少しでも話題にあげていただきたいと思う。二つ目は県庁生協食堂(県内5カ所)での常陸牛ハンバーグの限定販売。おおむね1,500食を提供していく。三つ目は首都圏で最大級の常陸牛取扱量を誇る精肉店「腰塚」(東京・文京区)でのキャンペーン。特別価格で常陸牛を販売するとともに、2千円以上購入で茨城県産野菜などをプレゼントする。四つ目は第45回を迎える常陸牛枝肉共励会の開催。東京食肉市場に80頭の常陸牛を上場するとともに、前夜祭では仲卸買参人50人にPRする。最後の五つ目では、SNSやHPを使って常陸牛が当たるキャンペーンを行い、需要をさらに喚起していく」とキャンペーンの概要を述べた。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み

食肉通信社からのお知らせ
食肉産業展「全国銘柄食肉コンテスト」出品募集中
2018年4月11〜13日開催の「食肉産業展」の注目度NO.1イベントが「銘柄食肉好感度コンテスト」です。来場者が試食して好感度を採点し、今年度の人気NO.1ブランドを決定してきました。出品者にとってはマーケットリサーチとして、バイヤーにとっては新規導入ブランドの発掘の場として有効に活用していただいており、上位入賞銘柄食肉の販路拡大に寄与する効果も発揮しています。

▼詳しくはこちら

 
「銘柄豚肉ハンドブック2018」への掲載を希望する銘柄豚肉募集中

豚肉特集2017 食肉通信社発行の「銘柄肉ハンドブック」シリーズは、銘柄牛・豚肉の人気の高まりを受け、大好評を頂いております。

現在、食肉通信社では「銘柄豚肉ハンドブック2018」の出版に向け、制作を進めております。おおむね1千頭以上の銘柄豚を取り扱う企業・団体様で、掲載を希望される方はぜひとも食肉通信社までお問い合わせ下さい(掲載無料)

お問い合わせはこちら

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする