食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

工場の効率化

常陸牛振興協会が3月に大型キャンペーン実施、消費拡大目ざす


 茨城県常陸牛振興協会(茨城県、JA全農茨城、県畜産協会、県畜連、県家畜商組合、県食肉事業協同組合、県食肉公社)は26日、「常陸牛の日」キャンペーン実施の記者会見を茨城県庁で開いた。
 同会見は茨城県知事をはじめ、常陸牛振興協会の構成員、常陸牛指定生産者らが出席。冒頭、川津修会長(全農茨城県本部長)は「常陸牛振興協会は昭和52年に設立され、直近では年間1万頭に迫る勢いでその道を歩んできた。今後一層、県内および全国の消費者への知名度を上げていくため、振興協会が設立された3月5日を『常陸牛の日』として登録、ことしで2年目を迎える。今後はあらゆる方法を使って普及に努め、『常陸牛の日』を含む3月を常陸牛周知強化月間とし、五つのキャンペーンを展開していく。一つは国会議事堂本館食堂、衆参議員会館食堂での常陸牛メニューの提供。常陸牛を使ったハンバーグ定食、カレー、牛丼などを販売し、少しでも話題にあげていただきたいと思う。二つ目は県庁生協食堂(県内5カ所)での常陸牛ハンバーグの限定販売。おおむね1,500食を提供していく。三つ目は首都圏で最大級の常陸牛取扱量を誇る精肉店「腰塚」(東京・文京区)でのキャンペーン。特別価格で常陸牛を販売するとともに、2千円以上購入で茨城県産野菜などをプレゼントする。四つ目は第45回を迎える常陸牛枝肉共励会の開催。東京食肉市場に80頭の常陸牛を上場するとともに、前夜祭では仲卸買参人50人にPRする。最後の五つ目では、SNSやHPを使って常陸牛が当たるキャンペーンを行い、需要をさらに喚起していく」とキャンペーンの概要を述べた。

◆行政・統計

台風19号被害状況、家畜12万2,573頭羽、畜産用施設43件

台風19号被害状況、家畜12万2,573頭羽、畜産用施設43件

 農水省が18日現在で公表した台風19号被害状況によると、被害数は家畜が12万2,573頭羽(被害額3千万円)、畜産用施設が43件(8千万円)、農業・畜産用機械が1件(2千万円)にのぼっている。林野、水産を合わせた農林水産全体の被害額は38...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

微増ながら2カ月連続の伸び—8月分の食肉加工品生産量

微増ながら2カ月連続の伸び—8月分の食肉加工品生産量

 日本ハム・ソーセージ工業協同組合はこのほど、令和元年8月分の食肉加工品生産量を発表した。それによると、全体の生産量は4万6,197t(前年同月比0.5%増)とわずかながら増加した。ことしに入って減少傾向が続いていたが、ここへきて2カ月連続...
More

◆製品

神戸市西部市場銘柄和牛共、単価1万5円の史上最高値で落札

神戸市西部市場銘柄和牛共、単価1万5円の史上最高値で落札

 第10回神戸市西部市場銘柄和牛共進会(同実行委員会主催)が11日、神戸市中央卸売市場西部市場で開催された。同共進会実行委員会は今回、節目の10回大会とあって、兵庫県および神戸市の食肉産業のさらなる発展と振興に資するため、関係各社と協力し、...
More
Return Top