東京市場卸商組合、9月までに全組合員の都認証取得へ向け支援


 東京食肉市場卸商協同組合(腰塚源一理事長)では、平成30年度末に計画されている東京食肉市場のHACCP化、さらに東京オリンピック・パラリンピックへの対応などを念頭に、場内に加工処理場をもたない1社を除いた全組合員(24社)が9月までに「東京都食品衛生自主管理認証」を取得するための支援事業に取り組んでいる。東京食肉市場卸商協同組合では現在、24組合員のうち9社がすでにSQF認証、3社が都認証を取得済みであり、残る半数の12社が9月までに都認証の取得を目ざす。
 「東京都食品衛生自主管理認証制度」はHACCPの考え方に基づく衛生管理を評価する制度。認証の取得には「衛生管理の着実な実施」と「マニュアル整備」が要件で、実施する衛生管理の内容を具体的に示し、達成状況を評価する。「段階的推進プログラム」により、徐々にステップアップできる仕組みとしており、都では認証取得を目ざす事業者向けの講習会、マニュアル作成セミナーなどの支援を行っている。また、取得店舗や施設は都のホームページで公表される。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み