食肉協会が横浜でブロック長会議、葉山牛・三留牧場の視察も


 日本食肉協会(布川勝一会長)は4日、神奈川県横浜市のローズホテル横浜で、平成29年度ブロック長会議を開き、今年度事業の報告を行うとともに、来年度事業について協議した。3日には研修会として、神奈川県三浦半島で生産されるブランド和牛「葉山牛」の視察も行った。冒頭、布川会長があいさつし「昨日の視察では牛肉価格が高騰する中、生産者側にもいろいろ苦労があるということを実感した。会議では、今年度事業の検証と来年度事業の検討を行っていくが、協会としてさまざまな事業を実施しており、さらに良いアイデアがあれば採用していきたいのでよろしく願う」と述べた。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み