齋藤農相、卸売市場法改正法案が閣議決定「速やかな国会審議を」


 齋藤農相は6日の閣議後会見で「卸売市場法および食品流通構造改善促進法の一部を改正する法律案」を含む農水省関係の6法案が閣議決定されたことを報告し「政策推進のための重要な法案であり、速やかな国会の審議をお願いしたい」と述べた。8日にチリで署名式が行われるTPP11については国内手続きを早急に進めることと11カ国が国内手続きを進めて早期の発効を実現することのほか、トランプ米大統領の鉄鋼輸入品に対し25%の関税を課す方針について注視して行く必要があるとの認識を示した。
 そのほかアカデミー賞授賞式後のパーティーのメニューに宮崎牛が採用されたことを受けて、大変喜ばしいと喜びの声を語った。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み