カナダのマコーレー農務大臣がFOODEXでカナダビーフをPR


 カナダビーフ国際機構(下嶋大介アジア代表取締役兼駐日代表)では9日まで千葉市の幕張メッセで開催されている「FOODEX JAPAN 2018」に出展しており、ブースではパッカー別の商品紹介や子牛肉の商品提案などが行われている。
 初日となる6日には来日中のローレンス・マコーレー農務・農産食品大臣が同機構のブースを訪れ、同機構新プレジデントのフランシス・アンドレス氏、カナダ畜牛協会エグゼクティブバイスプレジデントのデニス・レイクラフト氏、下嶋代表らとカナダビーフをアピール。さらに東京ベイ・クルージングレストラン「シンフォニー」の小濱雅説シェフとともに、自らカナダビーフのリブアイステーキを焼き上げて来場者に試食提供を行った。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み