食肉産業展の会期中、注目される分野に焦点を当てたセミナーを開催


 第43回食肉産業展(会期4月11〜13日)の主催者企画として食肉情報セミナーを開催する。今回は「GAP」「HACCP」「豚肉のブランディング」をテーマに講演を行う。GAPについては2020年の東京オリンピック・パラリンピックの食材調達基準として、畜産物ではGAP(農業生産工程管理)の認定取得が要件となっている。生産段階でGAP取得による付加価値化を図ることも可能。また輸出拡大やインバウンド需要の取り込みを有利に進める材料となり、国内流通においてもGAP認証を求める動きが加速するともみられることから「畜産GAPの情勢について」(講師=農林水産省 畜産GAP担当者、日時=4月11日正午から午後1時30分)講演。さらに昨年、大平牧場(群馬県)が日本初のJGAP農場として認証された(株)フリーデンの「畜産GAPをめぐる実例紹介(日本初認証・大平牧場)」(講師=(株)フリーデン 担当者、同午後2時から午後3時30分)を予定している。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み