食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

食品の長期保存

農水省GAP連携パートナー会、小川畜産が発表し浸透拡大に期待


 農水省は、第3回「GAPの価値を共有するフードチェーン連携パートナー会」を19日、同省講堂で開いた。農林水産物の安全性や持続可能性へのニーズが高まる中、生産現場での進ちょく状況に合わせ、GAP(農業生産工程管理)に取り組み生産された農畜産物のマーケットを計画的に拡大していく観点から、生産、流通、加工、販売、外食業者らを結集し、フードチェーン全体でGAPの価値の共有を図るために開催しているもの。
 今回は、生産者、食品製造、卸、小売、外食・中食など関係者約200人が参加した。食品関係事業者からの取組紹介では、食肉関係の小川畜産食品(株)をはじめ、(株)イトーヨーカ堂やイオンリテール(株)など計6業者が、GAPに対する考え方や実際の取り扱いの状況を説明。また、GAPの取組推進宣言を出している岩手県と福島県の担当者が取組状況を紹介した。

◆行政・統計

江藤農相、CSFに変更「消費者に不要な不安を招かない措置」

江藤農相、CSFに変更「消費者に不要な不安を招かない措置」

 江藤農相は12日の閣議後会見で豚コレラとアフリカ豚コレラの名称の変更について「現在用いている豚コレラやアフリカ豚コレラという名称には、ヒトの疫病であるコレラを連想させるという意見がある。米国でも、今、「豚コレラ」という名称は使っていない。...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top