TPP11承認案を閣議決定、今国会の成立目ざす


 政府は27日、TPP11協定の国会承認を求める議案と関連法案を閣議で決定し、国会に提出した。今国会の成立を目ざし、他の加盟国にも手続きの加速化を促す。改正法案ではTPP整備法のうち、牛豚マルキンの補てん率の引き上げなど現状未施行となっている10本の法律の改正規定について施行期日をTPP11協定の発効の日に改正する。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み