鳥インフル疫学調査チーム検討会、4月下旬メドに調査報告書公表へ


 農水省は28日、省内で、第2回平成29年度における高病原性鳥インフルエンザの発生に関する疫学調査チーム検討会を開催した。検討会では香川鳥フルの事例において、通報当日の精密検査で高病原性鳥フルと判断するには至らず、翌日の再検査で同病の疑似患畜と判断されたことなどから、今後の検査体制を検討するため初動対応について検証された。今回内容を踏まえ、4月下旬メドの公表を目ざし、疫学調査報告書の作成を進めることとされた。主な内容は次のとおり(詳細は食肉速報に掲載)

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み