山本才司荷受部会長が新支部長に就任ー日本食鳥協会関西支部


 一般(社)日本食鳥協会関西支部(井元克典支部長)は15日、大阪市北区のリーガロイヤルホテルで平成30年度通常総会を開催した。冒頭、井元支部長があいさつに立ち「小売のHACCPについて、具体的な内容が決まらず、義務化のメドが立たない状況だが、大阪の場合は大阪版食の安全安心認証制度というものがある。1事業所あたりの従業員数が50人以下の食肉専門店等小売店や飲食店、喫茶店などが対象となる。これが昨年10月に改正され、HACCPの考え方を取り入れた制度となった。大阪府が第三者機関に委託し、審査・認証を行っている。内容は70項目で衛生面、危機管理、コンプライアンスなどを審査する。審査内容はインターネットなどで閲覧することもできるため、これからHACCPに取り組んでいく第一歩として、自己審査されてはいかがだろうか」とHACCP義務化に向けて、個々が実施できる取り組みについて提案した。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み