肉事協が総代会で山氏理事長再任、一層のスピード感もち体質強化


 全国肉牛事業協同組合は29日、東京・千代田区の都市センターホテルで平成30年度通常総代会を開き、29年度事業報告や30年度事業計画などの全提出議案を原案どおり承認した。任期満了に伴う役員改選では山氏徹理事長(茨城)をはじめ、副理事長に佐々木信弘(北海道)、佐藤寿男(宮城)、中林正悦(三重)、松永和平(島根)の4氏をいずれも再任した。専務理事は引き続き欠員とし、常勤の白川一雄常務理事を再任するなど、執行部体制は前期から継続する。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み