HACCP義務化21年6月開始へ、改正食衛法が成立し公布(上)


 今国会に提出されていた食品衛生法などの一部を改正する法律案が7日、衆議院本会議で原案どおり可決、成立し、13日に公布された。これにより、改正法に盛り込まれている、すべての食品等事業者を対象としたHACCPに沿った衛生管理の制度化は、公布から2年後の2020年6月に施行、経過措置期間を経て1年後の21年6月に開始され、3年後にHACCPの義務化がスタートする運びとなった。食肉業界としても、それまでにと畜から流通、加工、販売まですべての事業者が対応していく必要があり、関係団体ではマニュアルづくりや普及への取り組みが精力的に進められている。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み