食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

工場の効率化

カナダビーフ国際機構が北海道では初のセミナーを札幌で開催


 カナダビーフ国際機構(下嶋大介アジア代表取締役兼駐日代表)は18日、「カナダビーフ北海道セミナー2018」を札幌市の札幌グランドホテルで開催。セミナーには道内の流通・外食関係者ら約80人が参加した。下嶋代表は「2017年の対日輸出量は前年比27%増と市場拡大が着実に進んだ。これまでのバラ系部位を中心とした冷凍牛肉から、タンやアウトといった内臓、そして焼き材を中心とした冷蔵牛肉へと取り扱いがシフトしてきている」と説明。さらに「TPP11によって来年には日本市場での関税引き下げが予想され、カナダ畜牛業界としては大きな飛躍を期待している」とした。来賓からはカナダ政府札幌通商事務所の辻尾晋一通商代表がカナダと北海道の交流や今後の貿易拡大の期待などを語った。

◆行政・統計

第8回畜産部会、家畜改良増殖目標の検討状況を報告

第8回畜産部会、家畜改良増殖目標の検討状況を報告

 第8回食料・農業・農村政策審議会畜産部会が18日、省内で開かれ、新たな家畜改良増殖目標(第11次)の検討状況が報告された。 家畜改良増殖目標の検討に際して肉用牛については現状の環境と課題が(1)和牛の脂肪交雑の改良は一定レベルまで到達する...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top