中国が米国産の畜産物や大豆など545ラインに追加関税を賦課


 中国商務部は16日、米国による追加関税措置への報復として米国産品545ライン(これらの2017年の輸入額約340億米ドル)に7月6日から25%の追加関税を課すと発表した。この中には牛肉や燻製肉、チーズなど農畜産物も含まれている。また、化学工業品や精密機器など(17年の輸入額約160億米ドル)についても、実施時期は未定だが、25%の追加関税を課すとしている。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み