日本ハムが「チキチキボーン 四川風麻婆味」を新発売


 日本ハムは、7月1日に「チキチキボーン 四川風麻婆味」を新発売した。「チキチキボーン」は、一度食べるとまた食べたくなるスパイシーでジューシーな骨付きフライドチキンである。1987年に発売以来、変わらない製法でつくり続けている同社のロングセラー商品だ。昨年、発売30周年を迎え、その記念商品として「パルメザンチーズ風味」「辛マヨチキン風味」などを期間限定で発売し、大変好評を博した。今回は、新しい期間限定商品として「四川風麻婆味」を発売する。2018年の食トレンドとして、四川料理で使われる香辛料の花椒(ホアジャオ)を使った「痺(しび)れ料理」があるが、今回はその花椒を使用した、痺れるような辛さのチキチキボーンである。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み