齋藤農相、平成30年7月豪雨被害「豚肉の卸売価格は昨年並み」


 齋藤農相は13日の閣議後会見で、平成30年7月豪雨を受けての食品流通の状況について「一部の地域でコンビニ、スーパーにおいて欠品、品薄が見受けられるが、解消に向かっている。農産物の価格は、主要な野菜の価格は西日本の産地からの入荷が大阪市中央卸売市場においては一部の野菜で価格が上昇している。牛肉の卸売価格は先週から大きな変更はなく、豚肉の卸売価格は、出荷頭数の減少により一時的に上昇したものの、ほぼ昨年並みの水準となっている」と説明した。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み