食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

食品の長期保存

西日本豪雨、岡山県で鶏や鶏舎・牛舎施設など被災


 西日本豪雨ではとくに岡山県で甚大な被害が発生したが、同県によると19日現在で畜産関係の被害は計26農場等で発生し、被害額が6,506万4千円となっている。このうち鶏の被害が1農場であり、鶏舎への浸水による鶏死亡2,800羽(被害金額224万円)。鶏舎施設の被災は4農場で、裏山崩壊、鶏舎内浸水、土砂流入が発生し被害額は2,140万円。牛舎施設は8農場が被災し、畜舎・倉庫・関連施設の浸水、土砂流入などで被害額2,614万4千円。乳用牛では生乳廃棄で被害額260万2千円。飼料作物は冠水、倒伏、土砂流入の被害が73 ha(1,267万8千円)発生している。

◆行政・統計

江藤農相、CSFに変更「消費者に不要な不安を招かない措置」

江藤農相、CSFに変更「消費者に不要な不安を招かない措置」

 江藤農相は12日の閣議後会見で豚コレラとアフリカ豚コレラの名称の変更について「現在用いている豚コレラやアフリカ豚コレラという名称には、ヒトの疫病であるコレラを連想させるという意見がある。米国でも、今、「豚コレラ」という名称は使っていない。...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top