[鶏肉輸入予測量]8月は前年比2割減、9月2.5%減


 日本食肉輸出入協会は17日、鶏肉の輸入動向検討委員会を開き、7月から9月までの鶏肉輸入量予測をまとめた。それによると、7月の輸入量は計4万5千t(前年同期比10.4%増)、うちブラジルが3万1千t(15.5%増)、タイが1万2千t(6.4%増)、米国が1,600t(20.6%減)、その他が400t(35.2%減)の見通し。8月は計4万1千t(21.2%減)で、ブラジルが2万7千t(29.4%減)、タイが1万2千t(7.2%増)、米国が1,600t(11.7%減)、その他が400t(48.5%減)。9月は計5万4千t(2.5%減)で、ブラジルが4万t(1.9%減)、タイが1万2千t(0.8%減)、米国が1,600t(22.2%減)と予測している。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み