大分県の上級和牛ブランドが新たに誕生、新名称は「おおいた和牛」


 大分県は4日、食味などにこだわった新たな上級和牛ブランド「おおいた和牛」の発表会を大分市内のホテルで開いた。県によると本年は大分県で和牛の歴史が始まって節目の100年。新名称には「百年の恵み」との副題もつけ、賛同する県内生産者らとともに顔がみえる和牛ブランドに育てていく。
 冒頭、広瀬勝貞県知事は檀上で「県の肉牛生産は生産者の努力と情熱で幾度も全国一の賞を得てきた輝かしい歴史がある」と強調。これを機に「豊後牛の名声をさらに高めたい」と述べ、さらなる県畜産の発展に期待を示した。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み