岐阜県の豚コレラ患畜の確認で輸出停止、今後、輸出解禁要請


 農水省は9日、岐阜県岐阜市の養豚農場において、家畜伝染病である豚コレラの患畜が確認されたと発表した。中国でアフリカ豚コレラが続発しているが、精密検査を実施した結果、アフリカ豚コレラの感染でないことを確認している。農場の所在地は岐阜県岐阜市で、飼養状況が繁殖豚79頭、肥育豚531頭。当該農場は、豚コレラの疑いが生じた時点から飼養豚の移動を自粛。豚コレラの患畜が確認されたことを受けて豚およびイノシシ並びそれら由来製品の輸出を停止している。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み