マレーシアの18年ブロイラー出荷羽数は増加見通し、サバ州でAI発生


 マレーシア農業・農業関連産業省獣医サービス局はこのほど、17年のブロイラー産業の現状と2018年の見通しに関する調査結果を公表した。同調査は、17年6〜8月に半島マレーシア(マレーシアのうちボルネオ島のサラワク州、サバ州を除く部分)の種鶏場20社(うちインテグレーター6社)88農場を対象に実施された。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み