ブラジルの18年鶏肉・豚肉の輸出量、当初予測から減少を見込む


 ブラジル動物性タンパク質協会(ABPA)はこのほど、2018年の鶏肉と豚肉の生産・輸出見通しを発表した。これによると、17年12月に発表した当初予測から、輸出量はともに減少した。
 鶏肉については、18年当初は2〜4%の生産量の増加を見込んでいたが、ふ化羽数が前年比3〜5%減と見込まれることから、生産量も1〜2%減の1300万tの予測となった。輸出量は、5月に発生したストライキと、同月以降一部食鳥処理工場からのEU向け輸出が禁止されたことなどから、2〜3%減の約420万tと見込まれている。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み