吉川農相就任会見「農業の成長産業化に攻めの農業が必要」


 2日に農林水産大臣に就任した吉川農相は同日夜に就任会見を開いた。吉川農相は就任の抱負、日米通商交渉、農政改革について語った。主な内容は次のとおり。
 就任の抱負については「わが国の農林水産業は、世界に評価をされる和食、さらには美しい農山漁村の風景など、わが国の成長の糧となる潜在力を有している。私はこうした潜在力を最大限に引き出すことにより、農林水産業を若者の皆さんが夢や希望を託すことができる産業として、美しく活力ある農山漁村を実現できることを確信している」(続きは食肉速報に掲載)

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み