ちくさんフードフェア、過去最高の13万4千人来場し大盛況


 「ちくさんフードフェア2018」と「ジャパンミートピア2018inかながわ」が6〜7日の2日間、川崎市東扇島の日本食肉流通センターで開催された。両日とも天候に恵まれ秋晴れとなり、来場者は合計13万4千人(初日=6万3千人、2日目=7万1千人)で過去最高の来場者数を記録した。
 フェアでは、センター内出店者(食肉卸)コーナーや畜産団体・地域物産展コーナーに加え、全国味めぐりコーナーなどが設けられ、多くの企業・団体が出展。各出展者が自信をもって販売する質の高い食肉が特売価格で提供され、さまざまな食肉を購買する消費者が来場したほか、試食実施の出展者にはそれぞれ長蛇の列ができるなど、多くの来場者が週末の食肉祭りを楽しんだ。また、主催者企画である一押し食肉バーベキューのコーナーでは六つの銘柄食肉の試食が実施され、こちらも大盛況となった。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み