北海道地震の被害報告も、家畜、畜産物、食肉センターで被害甚大

 
 北海道農政部の森氏は講演で、北海道胆振東部地震の畜産関係被害状況(9月25日現在、農政部調べ、食肉流通センター被害は畜産振興課独自調査)も説明した。それによると、家畜被害(廃用・へい死)が乳用牛19頭、豚1357頭、鶏37万5千羽で被害額(推計)6,300万円。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み