TPP11各国手続き11月にも完了、来年1月発効の見通し


 茂木敏充経済再生担当相は19日の記者会見でTPP11各国が手続きを終了する見込みとの認識を示し、引き続き日本が主導的な役割を担っていく考えを示した。
 TPP11は効力発生の要件として、同協定の署名国の過半数の国が「それぞれの関係する国内法上の手続きを完了した」と書面によりニュージーランドに通報した日のあと、60日で効力を発生すると規定している。手続きが終了した国は日本、メキシコ、シンガポールで、ニュージーランド、オーストラリア、ベトナム、カナダが手続きを進めている。11月にも6カ国以上の手続きが終了すれば、来年1月にも発効となる。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み