全肉連が会長会議、活力ある店舗やHACCPなど事業進ちょく確認


 全国食肉事業協同組合連合会(河原光雄会長)は、平成30年度全国会長会議を9日、東京・港区のグランドニッコー東京台場で開いた。会議には全国道府県肉連の会長らが出席し、今年度事業の進ちょく状況(中間報告)などを確認した。終了後、食肉流通活性化セミナーを行い、フードジャーナリストで農水省食料・農業・農村政策審議会委員も務める里井真由美氏が「食肉トレンドの動向について」と題し講演した。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み