ヨーロピアン・ビーフのセミナー開催、生産レベルの高さ伝える


 Bord Biaアイルランド政府食糧庁は13日、東京・港区の東京ガス業務用ショールーム「厨BO!SHIODOME」で食肉卸業者や輸入業者を対象に、ヨーロピアン・ビーフの魅力を伝えることを目的としたセミナー&テイスティングを開催した。
 冒頭、駐日アイルランド大使のポール・カバナー氏が「アイルランドで生産される食物は非常に安全性が高く、品質も優れているものばかりだ。牛については年間300日放牧され、自然の草を食べて育っている。よって、人工の食品、飼料などをほとんど食べていない。この牛肉は、ヨーロッパにおいてミシュランの星が付いたレストランでもこぞって使用され、スーパーマーケットでもつねに扱われているものだ」とアイルランド産牛肉について紹介した。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み