残暑の厳しさが消費に影響し生産量減—9月の加工品生産量


 日本ハム・ソーセージ工業協同組合はこのほど、平成30年9月分の食肉加工品生産量を発表した。それによると、全体の生産量は4万4571t(前年同月比2.9%減)で、4カ月連続の減少となった。8月の異常気象に続く9月の残暑の厳しさで、消費者の購買意欲が弱かったことが原因とみられる。家計調査をみても、数量ベースで9月はハムが14.8%減、ベーコンが6.1%減、ソーセージが0.6%減と、とくにハムの落ち込みが著しい。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み