食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

食品の長期保存

[牛・豚・鶏肉需給予測]12月生産量は牛と鶏が減少、豚は増加


 農畜産業振興機構は26日、11、12月の牛・豚肉の需給予測を発表した。
 それによると牛肉の11、12月の生産量は3万3100t(前年同月比0.2%増)、3万1400t(1.7%減)との予測となった。
 品種別出荷頭数は11月が和牛(1.2%増)と交雑種(2.5%増)が前年実績を上回る予測で、乳用種が(3.6%減)あ前年実績を下回る予測となった。
 12月は和牛が(1.9%増)と増加となったものの、交雑種(1.6%減)、乳用種(8.5%減)が減少と予測した。

◆行政・統計

平成30年度肉用牛生産費、子牛や肥育牛などで増加

平成30年度肉用牛生産費、子牛や肥育牛などで増加

 農水省は6日、平成30年度肉用牛生産費および肥育豚生産費を公表した。 肉用牛1頭あたり資本利子・地代全額算入生産費(以下「生産費」)は、子牛、去勢若齢肥育牛、肥育牛、交雑種肥育牛で増加し、交雑種育成牛で減少した。 子牛生産費については65...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top